スタートアップの成長段階は何ですか?

さまざまなスタートアップの成長段階とは何か、そしてそれらがどのように重要か疑問に思っていますか? ここに役立つ専門家の記事があります。

起業家として、ビジネスを始める際に考慮すべき多くの問題があります。そのため、ビジネスの専門家は、スタートアップの主要な基盤である適切なビジネスマッピングを推奨しています。 あなたがあなたを導くための実行可能な計画を立てるとき、さまざまな成長エピソードを通してあなたのビジネスを進めることはそれほど複雑な経験ではありません。

新規事業はいくつかの成長段階を経ており、各段階は独自の目的、リスクレベル、および資金調達のニーズによって特徴付けられます。

スタートアップの成長段階がどのように機能するかを理解することは、あなたのビジネスがどこに向かっているのかを知るのに役立ち、事前に戦略を準備することができます。

スタートアップの成長段階とは何ですか?

スタートアップの成長段階 は、すべてのスタートアップ企業のライフサイクルの差別化されたフェーズです。 これらの段階は必ずしも会社の年齢に依存しないことに注意することが重要です。

むしろ、さまざまな独立した要因(資金調達を含む)に基づいて、スタートアップはわずか数か月でいくつかの段階を拡大できますが、他の場合は数年(またはそれ以上)かかる場合があります。 

スタートアップの成長段階?

これらのスタートアップの成長段階を詳しく見ていきましょう。

1.プレシードステージ

プレシードフェーズは、会社の最初の始まりです。 これは、グーグルからアマゾン、テスラ、ユーバーに至るまで、すべての優れた企業の基盤です。 

この段階での投資はリスクが高く、ほとんどの場合、家族、友人、創設者自身、およびまれに特定のスタートアップ投資家によって行われます。 プレシードは、多かれ少なかれまだその構想段階にある製品を開発するプロセスによって特徴付けられます。 

また、市場のテストに使用する検証済みのビジネスモデル、MVP、または製品のプロトタイプもありません。 むしろ、創設者は、この段階で個人投資家の資金調達のために彼らの売り込みで特別に創造的でなければなりません。

製品が市場に与える潜在的な影響を評価するために、シード前の段階で徹底的な市場調査と分析が行われます。 また、ビジネスアイデアが適切なソリューションで適切な問題を解決し、適切な市場セグメントに対応しているかどうかを判断します。

2.シードステージ

シード段階のほとんどすべてはテストに関するものです! ここでは、スタートアップが実際の人々で製品をテストして、ターゲット市場で機能するものと機能しないものを確認します。 さらに、実際には、テストを支援するためにすでに開発されているソリューションの最小実行可能製品(MVP)があります。

名前が示すように、シード段階とは、シード前の段階ですでに構築されている基盤の上にビジネスが拡大する段階です。 スタートアップは、実際の市場データに基づいてビジネスモデルと製品アイデアの開発を繰り返し検証することでこれを行います。

これは、プロトタイプと呼ばれるミニチュア実験を実施することによってさらに行うことができます。 プロトタイプはまだ開発の初期段階にあり、完全な機能がまだ含まれていない可能性があるため、機能する必要はありません。 機能的かつ実行可能である必要があるMVPに対して。

シード段階では、スタートアップは試行錯誤の方法を使用するか、長年の経験を提供する業界の専門家からのビジネスメンターシップにアクセスするか、両方を活用して、製品ベースを強化し、長期的な成長を計画することができます。

この段階での資金調達は通常、 ビジネス天使, スタートアップアクセラレータ 及び インキュベーター、友人や家族、クラウドファンディング、そして創設者の個人的なリソース。

3.初期段階

初期段階は、スタートアップがMVPの開発を終了し、テスト段階で実際の顧客からデータを取得する段階の始まりを示します。

ビジネスは完全に市場に参入する準備ができています。 また、ユーザーフィードバックを収集し、運用上のバグを修正し、顧客の好みに合わせて製品を微調整するプロセスを通じて、製品やサービスの変更を開始することもできます。

スタートアップの初期段階は、製品と市場の適合性を開発することです。 これは、規模を拡大しようとしているすべてのスタートアップにとって非常に重要な成長段階です。 ここで、スタートアップは重要な関係を確立し、戦略的パートナーシップを構築し、ビジネスアライアンスを強化して、利用可能な市場のシェアを主張するためのより良い位置付けを試みます。

同社は潜在的な成長機会を探し、適切なチームを構築し、戦略的マーケティング手法に焦点を合わせ、次の段階に拡大できるように、売上高または投資資金のいずれかとして前向きな資金の流れを維持します。

初期段階のスタートアップは、ビジネスが収入を生み出し始めたので「損益分岐点」を打つことに集中しますが、この段階ではまだ利益を上げていません。 運用コストをカバーするのにちょうど十分な収入。

4.成長段階

成長段階の新興企業は、ターゲット市場で何が機能し、何が機能しないかを知るのに十分な牽引力を持っています。 彼らは彼らの製品の繰り返しのユーザーと進行中の有益なビジネスモデルを持っています。

この段階の特徴は、検証済みの製品、急速な成長率、プラスのキャッシュフロー、そして間違いなく、すぐに使える顧客ベースによって特徴づけられます。

このスタートアップは、利益と市場規模の観点から、長期的な成長の可能性と拡張性に焦点を合わせています。 これらすべてには、製品開発の継続的なプロセスと市場のニーズへの適応性が含まれます。

成長段階は外部資金調達によっても特徴づけられますが、これは前の成長段階からの測定基準の分析に依存します。 市場統計と財務検査で示されているようにビジネスがうまくいっていないと仮定すると、この段階では投資家を獲得するのは難しいかもしれません。

その理由は、この段階で必要な設備投資は前の段階よりもかなり大きく、投資家はリスクの高いベンチャーを高く評価しているものの、ビジネスは近い将来、高いリターンの可能性を示して、興味。

統計的に、多くのスタートアップはこの時点で失敗し、非常に多くの理由のXNUMXつで次の段階に進まないため、成長段階は重要です。 それでも、有望な企業は簡単にアクセスできます ベンチャーキャピタルの資金調達 プライベートエクイティやその他の大規模な資金調達の機会も同様です。

5.拡張段階

製品で市場セグメントを満足させることに成功した後、より野心的なスペースに移動する時が来ました。 

もちろん、拡張段階の活動は、運用地域の拡大だけでなく、スタートアップがそのニッチで定着するためのあらゆる努力も含みます。

拡大は、企業の買収、新しい市場セグメントへの参入、新しい製品とサービスのラインの開拓、国際的な事業の展開、新しい専門家の採用、手ごわい市場での存在感の構築、そして業界での名声になるという形でもたらされます。

これを行うには、スタートアップは、通常XNUMXつ以上のベンチャーキャピタルとアクセラレーターによって、いくつかの資金調達ラウンドで提供される莫大な資金援助を必要とします。

拡大の決定が会社の将来を形作るので、この段階のスタートアップはまだ多くのリスクを抱えています。 適切に管理されていない場合、それは起業家のスペースからのビジネスの早期終了につながる可能性があります。

6.終了ステージ

この後期段階では、企業は成熟したと言われているため、売り切れてライフサイクルを終わらせることができます。 ただし、開始時にすべての企業がこの目標を持っているわけではありません。 多くの新興企業は、価値の高い企業や業界の大国に成長したいと考えています。

スタートアップの終了段階は、XNUMXつの形式で発生します。証券取引所で公募されることを意味する新規株式公開(IPO)、他の会社への創設者の株式の売却、または別の会社による買収です。

企業がこれまでに到達するためには、熟練した企業経営と組み合わされた高い成長の可能性を備えた収益性の高いビジネスでなければなりません。

ジョイガブリエル

ジョイガブリエル

Joyは、彼女の執筆を通じて、スタートアップや企業がその潜在能力を最大限に発揮できるよう支援することに情熱を注いでいます。 彼女はビジネスストラテジストであり、財務の専門家でもあり、起業家の領域にいることの意味を理解しています。 彼女は仕事をしていないときは料理と歌が大好きです。
あなたは彼女とつながることができます LinkedInnnnnn.

記事:20

技術者のものを受け取る

技術トレンド、スタートアップトレンド、レビュー、オンライン収入、Webツール、およびマーケティングを月にXNUMX〜XNUMX回

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。 必須フィールドは、マークされています *