中小企業向けのロボティックプロセスオートメーション

中小企業向けのロボット プロセス オートメーションの力を発見する準備はできていますか? RPA がどのようにコストを削減し、効率を高め、競争上の優位性をもたらすのかを学びましょう。

ロボティックプロセスオートメーションは大企業だけのものではありません。 スモールビジネス 正しい手順を踏むことで、その多くの利点から同様に利益を得ることができます。

反復的なタスクの完了から、面倒なプロセスや時間のかかるプロセスの処理まで、RPA が組織に対してできることには制限がありません。ボーナスとして、従業員がより多くのことに従事できるようになります。 生産性の高い 作業。
ロボットプロセスオートメーション市場は高く評価されました 2.3で$ 2022億 この投稿では、RPA がビジネスにどのように役立つかを説明します。

RPAはどのように機能するのでしょうか?

RPA またはロボット プロセス オートメーションは、コンピューター ビジョン、機械学習、その他の自動化テクノロジを組み合わせて使用​​して、個人または組織が大量の日常的なタスクを完了できるようにするソフトウェア ベースのアプローチです。

人間のユーザーは、まずロボットをコンピュータにインストールし、次に特定のタスクの実行方法をロボットに示す必要があります。指定されたイベントがトリガーされると、ロボットはユーザーの動きを再生できるようになります。このようなイベントは、 email、ボタンの押下など。具体的なタスクは、ファイルの転送から データ入力、アプリケーションの起動、Web の閲覧など。

言い換えれば、RPA システムは、通常は人間によって実行され、複数の手順またはアプリケーションが必要なさまざまなタスクを実行できる仮想ロボットです。 これらは、ルールに基づいたアクションに従うことで、人間の介入なしに実行できます。

RPAのメリット

RPA は、莫大な予算を持つ大企業にしか得られないメリットを中小企業にもたらすため、競争上の優位性をもたらします。 主なメリットは以下の通りです。

  • 生産性の向上: ロボットは、休憩を取ることなく、疲れることなく、XNUMX 時間休みなく働きます。 さらに、ほとんどのタスクを人間よりも速く実行できます。これは、XNUMX 台のロボットが多くの人の仕事をほんのわずかな時間で実行できることを意味し、ビジネス全体の成果の向上につながります。
  • 精度の向上: ロボットは人間のようにミスをしないため、エラー削減もロボットによるプロセス自動化を導入する良い理由になります。 その結果、ビジネスからの出力の品質が向上します。
  • コスト削減: 優れた RPA ソフトウェアは、反復的なタスクを完了するコストを人間の作業者のレベル以下に下げることで、会社のコストを節約します。 可能な限り多くの反復的なプロセスを自動化することで、生産性が向上し、追加のスタッフの必要性をなくすこともできます。 最終的に、会社は同等以上の労働に対してより少ない賃金でより多くの利益を得ることができます。
  • 強化されたコンプライアンス: 複数の規制、プロトコル、または法律への準拠が必要な作業プロセスは、ロボットによるプロセス自動化によってより良い結果が得られます。
  • より簡単なスケーラビリティ: プロセスが自動化されると、スケーリングがより簡単になり、コスト効率が高くなります。 秘訣は、まず組織内で迅速に自動化できるプロセスを特定し、計画を立てることです。
  • より良い分析: ロボットは人間よりも優れた記録を保持しているため、特定の期間内でロボットがどのように作業したかを確認するのが簡単です。
  • 顧客サービスの強化:ロボティックプロセスオートメーションは、顧客サービスの問題を迅速かつ効果的に解決するのに役立ち、それによって顧客ロイヤルティを向上させ、顧客離れを減らすことができます。

RPA のメリットを享受できる企業の種類

ほぼすべての種類と規模のビジネスがロボットによるプロセス自動化の恩恵を受けることができます。中小企業 ファイナンス、会計、不動産、医療サービス、小売、電気通信、製造などはすべて、業務を自動化することで恩恵を受けることができます。

ここでの唯一の要件は、企業に、簡単に識別でき、自動化にアクセスできる反復的なタスクがあることです。 さらに、このような反復的なタスクが増えると、ビジネスは RPA により適したものになります。

組織には、RPA を使用して自動化できるプロセスが数多くあります。 この事実は、さまざまな組織がすでにある程度のプロセス自動化を達成していることからも明らかです。 これらは次のようにさまざまな部門または分野に分類できます。

  1. データ入力: データ入力による RPA の最大の利点の XNUMX つはデータ検証です。これには、重要な場合に間違った情報を入力できないようにするいくつかのルールが含まれています。
  2. 計算: 多くのタスクでは、単純な荷物の重量から、損益計算、請求書の計算、福利厚生の処理などのより複雑なプロセスまで、計算が必要です。 RPA はこれを実現します jobs 楽で正確。
  3. 記録の保存:取引の記録からビジネスに必要な重要なデータや書類の保存、更新まで CRM、自動バックアップを実行することで、RPA はチームの作業とコストを大幅に節約できます。
  4. セールス&マーケティング: ほとんどの販売およびマーケティング組織は電子メールと請求書の発行に自動化を採用していますが、依然として手動ルートを続けている中小企業も数多くあります。
  5. ファイナンス&バンキング: アプリケーション間のデータ移行から ローン 請求処理、領収書のバックアップ、顧客アカウント管理、データ検証、不正行為検出など、自動化がなければ銀行業界は大混乱に陥るでしょう。
  6. 顧客サービス: 予約のスケジュール設定、フォローアップ メッセージ、カスタマー サポートの発券およびサポートに対する顧客情報の更新が含まれます。
  7. 小売商: Web サイトから製品情報を抽出してシステムを更新したり、販売メールをインポートしたり、在庫を更新したりできます。
  8. 電気通信: RPA は、企業が顧客データをバックアップし、関連情報を抽出し、顧客の請求書を処理するのに役立ちます。
  9. ヘルスケア: 患者データの処理、医療請求の処理、患者データの保存、保険の処理など。
  10. HR: 給与処理から従業員の新人研修、その他多くのタスクまで。
  11. ホスピタリティー: 予約と予約管理、顧客からのフィードバック、 調査、支払い処理、サービスリクエストなど。

RPAの欠点

ロボットによるプロセス自動化には、その数多くの利点の他に欠点や課題もあります。 留意すべき主なものを以下に示します。

  • 初期費用: RPA 戦略の初期導入には、RPA ソフトウェア、トレーニング、インフラストラクチャ、統合のコストが含まれるため、費用がかかる場合があります。 したがって、その実現可能性は企業の予算と事業規模によって決まります。
  • 実装の複雑さ: システムを既存の IT システムおよびワークフローに統合することは、複雑で時間のかかる作業になる可能性があります。 さらに、その成功は従業員と、従業員がどれだけ協力的か、寛容であるかにかかっています。
  • 認知の限界: ロボティック プロセス オートメーションは基本的に、厳密に定められたルールに基づいて実行されます。つまり、人間の創造性や意思決定を必要とするタスクでは問題が発生することがよくあります。一方、柔軟性を高めると、予測できないエラーが発生する可能性が高まります。 AI 統合は役立ちますが、限界もあります。

ビジネスに RPA を適用する方法

ほとんどの中小企業にロボティック プロセス オートメーションを適用すると、より適切に構造化された組織が作成され、最終的には効率が向上するはずであり、業務の合理化に役立ちます。 ここでは、それを達成するためのステップバイステップのガイドを示します。

ステップ 1: 自動化の機会を評価する

最初のステップは、組織を見回して、プロセスの自動化に最適な領域を見つけることです。 ルールベースで自動化できる反復的なタスクを探しています。 できるだけ多く発見してください。 洞察を得るために従業員に相談してください。

ステップ 2: ビジネス上の利点を決定する

次に、選択した各プロセスを自動化することによるビジネス上の利点を考慮する必要があります。各プロセスはどれくらい複雑ですか?また、ビジネスにどれだけの省力化をもたらすことができますか?潜在的な利益に基づいて自動化タスクを評価します。 投資.

ステップ 3: 適切な RPA ソフトウェアを選択する

今こそ、適切な RPA ツールを選択するか、スキルがある場合は自分で RPA ツールを設計する時期です。以下は、有料および有料を含むトップオファーのリストです。 オープンソースの バリアント。

ステップ 4: 小さく始める

パイロットから始めるのが最善です プロジェクト 水をテストし、組織における RPA の影響を小規模で評価します。これによりリスクが制限され、より大規模なプロジェクトに取り組む経験が得られます。

ステップ 5: RPA の導入とチームのトレーニング

この手順は、従業員の種類と人数によって異なります。 したがって、場合によっては、簡単なこともあれば、難しいこともあります。 目標は、従業員がボットと連携する方法、進捗状況を監視する方法、必要に応じて介入する方法を理解することです。

ステップ 6: 観察と分析

完璧なシステムはありません。最高の企業であっても改善を続けています。 したがって、業務運営にある程度のロボットによる自動化を導入しても、ワークフロー全体を監視し、時々分析して、最適化できる領域を見つける必要があります。

世の中には多くの RPA ソフトウェア ソリューションがあり、完全な商用バージョンからコミュニティ バージョンやオープンソース バージョンまで、あらゆる形式で利用できます。 あなたの中小企業にとって何が最適かを見つけるのはあなた次第です。 上位のオプションは次のとおりです。

よくある質問

以下は、中小企業向けのロボット プロセス オートメーションに関してよくある質問です。

RPA は従来の自動化とどう違うのでしょうか?

RPA は、名前、番号、ユーザー インターフェイスなどを考慮してシーケンス内の次のアクションを決定するため、より柔軟です。

RPA は中小企業に適していますか?

はい、RPA は中小企業に市場で大きな競争力をもたらします。

ビジネスに RPA を導入するにはプログラミング スキルが必要ですか?

いいえ、ほとんどの RPA ツールは非技術者向けに設計されており、ユーザーフレンドリーです。

RPAは安全ですか?

はい、それは可能です。優れたRPAソフトウェアが組み込まれています セキュリティ 十分なデータ保護対策を社内に導入していれば、問題はないはずです。

中小企業でも RPA を通じてコストを削減できますか?

はい、できます。 ただし、これは業界や自動化したいプロセスによって異なります。

無料またはオープンソースの RAP ソフトウェアはありますか?

はい、多くの RPA ソフトウェアには次のようなものがあります。 UiPath 無料のコミュニティ エディションまたは試用版が付属しています。 他の人は好きです ロボコープ および タグUI はオープンソース プロジェクトです。

まとめ

ロボットによるプロセス自動化と中小企業にとってのそのメリットに関するこの投稿をまとめると、今日の世界では自動化はもはや選択肢ではなく、追いつくか取り残されるかのどちらかであることがわかります。

ただし、このステップにどのようにアプローチするかはあなた次第です。 ただし、それぞれのビジネスはユニークであり、ショーを運営する人だけが、ショーに最適な本当に日常的なタスクを知っていることを忘れないでください。 オートメーション.

ンナムディ・オケケ

ンナムディ・オケケ

Nnamdi Okekeは、さまざまな本を読むのが大好きなコンピューター愛好家です。 彼はWindows/MacよりもLinuxを好み、使用しています。
当初からのUbuntu。 ツイッターで彼を捕まえることができます ボンゴトラックス

記事:278

技術者のものを受け取る

技術トレンド、スタートアップトレンド、レビュー、オンライン収入、Webツール、およびマーケティングを月にXNUMX〜XNUMX回

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。 必須フィールドは、マークされています *