トップ20の給与面接の質問と回答

簡単な給与面接の質問と回答をお探しですか? ここに20の良いものがあります。

給与計算管理者としての仕事を得ることはやりがいがありますが、まず、面接を通過してその地位に就く必要があります。

給与管理者は、会社の従業員の支払いに関連するすべてのタスクを処理します。これには、税金やその他の控除が含まれます。 ここでは、ある程度の人事知識も役に立ちます。

この記事では、給与面接の質問トップ 20 とその回答をリストし、準備に役立てます。

1. 給与管理とは

給与管理とは、組織の従業員の仕事に対する報酬を支払うために必要な一連のタスクを指します。

これらのタスクには、従業員の賃金の処理、従業員の賃金等級を含むタイムシートの作成と維持、およびその他の関連タスクが含まれます。

2.説明する 給与計算

給与計算には、給与管理のすべての側面に加えて、福利厚生と税金の管理が含まれます。

これは、タイムシートの記録と計算、給与控除と源泉徴収の作成、従業員の支払いと源泉徴収の転送、源泉徴収された税金や保険料の入金などを意味します。

3. 給与管理者に求められる資質とは?

給与管理者は数字に注意を払う必要があります。これはエラーを減らすのに役立ちます。 第二に、仕事は多くの従業員とその問題に対処する必要があるため、親しみやすく、コミュニケーションがとれている必要があります。

最後に、給与計算ソフトウェア、人事、組織スキル、および労働規則に関する十分な知識が必要です。

4.雇用主が支払う福利厚生とは

雇用主負担給付とは、従業員が雇用主の下で働いていなければ不可能だったであろう、従業員の医療、退職、および保険補償に対する雇用主からの支払い、支援、または拠出金です。

人気のある雇用主負担の福利厚生には次のものがあります。

  1. 健康保険
  2. 退職金制度
  3. 病欠
  4. バケーション
  5. 生命保険
  6. 柔軟な/リモートワークのオプション

5. 給与計算はどのように管理すればよいですか? 

ほとんどの組織は、給与計算ソフトウェアを使用して従業員の報酬を管理しています。 ソフトウェアを使用する利点は、事務員の効率が向上し、エラーが減少し、複雑な会計機能が自動化され、データの保存と管理が改善されることです。

6. 効率を上げるために、日課をどのように整理していますか?

給与管理は、計算、従業員の質問への回答、情報の提供、およびタイムシートの確認を必要とする用途の広い仕事です。

これには、タスク管理ソフトウェアを使用して、毎日、毎週、および毎月の職務を作成および管理する必要があります。 このアプローチは、重要な電子メールへの返信、時間管理システムの管理、小切手の送信または入金を時間内に行うための時間を確保するのに役立ちます.

7.説明する CTC (会社へのコスト)

会社にとってのコストとは、従業員の総給与パッケージ、つまり、雇用主が従業員のために毎年行う総費用を指します。

CTC は、従業員の総給与、保険などの福利厚生、および貯蓄制度への拠出金で構成されます。 ほとんどの場合、従業員は CTC の全額を受け取ることはありませんが、その恩恵を受けます。

8.説明する 従業員 Vs 請負業者

従業員は、雇用主の組織への献身と引き換えに、一定の期間に一定の賃金を受け取る、雇用主の給与のパートタイムまたはフルタイムの労働者です。 一方、契約労働者は独立しており、通常、雇用主に請求した後に支払いを受けます。

契約労働者にはより多くの自律性があり、設定されたレートで雇用主に請求することができますが、健康保険、有給休暇、退職金などの従業員給付を受ける権利はありません。

9.何ですか 非課税所得?

非課税所得は、源泉徴収税の対象とならない労働者または個人に支払われる報酬です。 このグループに該当する所得は、納税申告書に入力するかどうかに関係なく、当局によって課税されません。

非課税所得の例としては、次のようなものがあります。

  1. 所得税のない州または管轄区域で得た賃金
  2. 税引き後のお金で賄われる障害者賃金
  3. ギフト商品について
  4. 事業主負担保険
  5. 社会保障による利益
  6. 養育費の支払い

10. 給与計算エラーにどのように対処しますか?

このタイプの質問は、対人スキルと問題解決能力をチェックすることに重点を置いています。 エラーとその理想的な解決策はさまざまであるため、明確な答えはありませんが、落ち着いて問題を解決する能力を伝える必要があります。

このようなエラーは、従業員が自分の給料から間違った控除を報告したことが原因である可能性があります。また、同僚が犯した間違いを発見した可能性もあります。 エラーは人間の性質の一部であるため、必要に応じて謝罪し、問題を確実に解決するための手順をリストします。 また、可能な場合は、エラーの報告と修正に関する部門のポリシーに従うことを検討してください。

11. 自動給与計算システムの利点を挙げる

企業の給与処理を自動化すると、多くのメリットがもたらされます。 主なものは次のとおりです。

  1. ヒューマンエラーの大幅な削減
  2. 時間の節約
  3. 従業員の賃金の計算がより簡単に
  4. 自動データ ストレージとアクセス
  5. 簡単なレポート ツール
  6. 簡素化された納税申告
  7. 機密データのセキュリティ

12. 給与計算ソフトウェアに必要な主な機能は何ですか?

優れた給与計算ソフトウェアに含める必要がある主な機能は次のとおりです。

  1. シンプルなセットアップシステム
  2. データ管理機能
  3. レポート機能
  4. 給与体系
  5. 人事システムや他のソフトウェアとの統合
  6. 法令順守
  7. 銀行預金機能
  8. 従業員のセルフサービス機能

他に役立つ可能性のある機能には、低価格、優れたセキュリティ、カスタマイズ、モバイル アクセスなどがあります。

13. どの給与システムの経験がありますか?

ここでの正しい答えは、あなたとあなたの経験によって異なります。 さらに、できるだけ多くのプラットフォームで経験できる幸運に恵まれるかもしれません。

以下は、いくつかの一般的な給与管理ソフトウェアです。

  1. Quickbooks 給与計算
  2. うまい
  3. 波打つ
  4. Paychex フレックス
  5. OnPay
  6. Xeroなど
  7. トロリー

14.説明する 給与ソース ドキュメント

給与ソース ドキュメントは、従業員の給与を生成するために必要なドキュメントです。 必要なデータがすべて記載されていれば、紙でも電子でもかまいません。

給与のソース ドキュメントは、タイムシートから給与明細、タイム レコーダー、請求書、銀行情報、税コードなど、あらゆるものです。

15. 給与計算エラーを回避する方法

人間は間違いを犯しやすいものですが、間違いを犯す可能性を最小限に抑える方法でプロセスを整理することは常に可能です。 これを行うには、次のヒントのいずれかを使用できます。

  1. 可能な限り自動化を使用する
  2. 正しい従業員データを確保する
  3. 事前にレポートを実行して、エラーをチェックするのに十分な時間を確保してください
  4. 実行する必要があるすべてのタスクを含むチェックリストを作成する
  5. 可能な限りペーパーレス化
  6. エラーが発生した場合はすぐに対処する

16. どれだけなじみがあるか FLSA?

FLSA は公正労働基準法の略です。 これは、すべての管理者が知っておくべき最低限の給与に関する法律です。

FLSA は、米国の連邦、州、地方の雇用市場における記録管理、最低賃金、残業代、若者の雇用に関する基準を定めています。

17. いつ企業が給与管理を外部委託する必要がありますか?

たとえば、多くの従業員が毎日さまざまな時間勤務している場合など、多数の従業員追跡を行う必要がある場合、企業は給与計算をアウトソーシングすることを検討できます。

別の状況は、アウトソーシングが雇用主が時間とお金を節約するのに役立つ場合です。 XNUMX つ目の状況は、企業の従業員の離職率が高い場合です。これは、多くの場合、ますます仕事が増えることを意味します。

18. 従業員にとって最高の給与スケジュールは?

ここでの正解は、従業員のタイプによって異なります。 たとえば、勤務スケジュールが不規則な従業員や時間給で支払われる従業員は、週払いを好む場合があります。 次に、半月ごとの給与スケジュールがあり、これも従業員と給与計算チームの間で人気があります。

これにより、従業員は年間 24 の給与を受け取り、福利厚生、控除、および管理者の時間は最小限に抑えられます。

19. W2 フォームと W4 フォームの違いを説明する

これらは、アメリカの IRS からの 4 つの給与フォームです。 W2 は従業員用、W4 は雇用者用です。 従業員は WXNUMX を使用して、源泉徴収税に関して必要なすべての情報を雇用主の給与部門に提供します。

雇用主は年末に W2 を使用して、従業員に支払った賃金と源泉徴収した税金を報告します。

20. 任意控除とは何ですか?

任意給与控除は、従業員が自発的に加入したプログラムに対する支払いです。 つまり、強制控除ではないため、従業員は控除を受ける前にまず雇用主に承認を与える必要があります。

任意控除の例としては、退職金、健康保険料、障害年金、生命保険、証明書、ツールなどが挙げられます。

まとめ

給与面接の質問と回答トップ 20 のリストの最後に到達しました。

最後に、まだインタビューであることを覚えておいてください。 したがって、学習と実践は正しい答えを得るのに役立ちますが、自信と全体的な性格も成功に大きく役立ちます.

ンナムディ・オケケ

ンナムディ・オケケ

Nnamdi Okekeは、さまざまな本を読むのが大好きなコンピューター愛好家です。 彼はWindows/MacよりもLinuxを好み、使用しています。
当初からのUbuntu。 ツイッターで彼を捕まえることができます ボンゴトラックス

記事:201

技術者のものを受け取る

技術トレンド、スタートアップトレンド、レビュー、オンライン収入、Webツール、およびマーケティングを月にXNUMX〜XNUMX回

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。 必須フィールドは、マークされています *