カイゼンの採用: 継続的なイノベーションによる卓越性

あなたの仕事で卓越性を生み出す方法をお探しですか? カイゼンの力と、持続する大きな変化を生み出すための継続的なイノベーションの秘密を発見してください。

カイゼンとは、英語で「良い変化」または「より良い変化」を意味する日本語です。 これは、卓越性を追求して継続的に改善するための哲学です。

今井正樹 1986 年の著書「カイゼン哲学」でカイゼン哲学を広めました。カイゼン: 日本の競争成功の鍵”. It advocates making small incremental changes over time, as an easier way to achieve 生産性, efficiency, and quality improvements.

カイゼンの方法は、エンジニアリング、生産、サービスベースのビジネス、さらには自己啓発やその他多くの生活分野にも役立ちます。 この投稿では、継続的なイノベーションのカイゼン原則を採用することで、ビジネスがどのように卓越性を達成できるかを示します。

カイゼン vs イノベーション

カイゼン哲学の核心にあるのは、人間の状態です。私たちは感情的な存在であり、非合理的な行動をすることがよくあります。 その理由は、人間の脳が次の領域に入るように配線されているためです。 戦うか逃げるか 変化などの恐怖の感情を感じるたびにモードになります。 このメカニズムは脳の扁桃体によって処理され、生存に役立つメカニズムです。 しかし、マイナス面としては、人間にとってイノベーションが困難になることがよくあります。

ここでのイノベーションとは、ビジネスやその他の環境における根本的な変化を指します。 大きな変化に取り組むよう求めると、通常、人間の恐怖反応や不安が引き起こされ、中脳が活性化され、その問題について感情的になり続けることになります。 実際、これらの感情は、そのような仕事に必要な合理的思考と論理を処理する新皮質を迂回します。

一方、カイゼンは、感情的には重要ではない小さな変化を提唱します。 このアプローチにより、人は冷静かつ合理的な精神状態に保たれ、職業的環境と個人的環境の両方で継続的な改善を生み出すことが容易になります。 Kaizen は、改善の余地が常に存在するため、完璧なプロセスは存在しないと信じています。 これは、継続的な学習と成長を通じて卓越性を達成するための基盤を築きます。

良い変化の約束

カイゼンの哲学は、数多くの管理システムを生み出し、無数の成功した世界的ブランドがさまざまな分野で卓越性を達成するために使用しています。

From Toyota’s Just-In-Time production system to applications in hospitals, ソフトウェア開発, airports, supermarkets, and many other industries, Kaizen lies at the core of the 無駄のない思考と生産 文化。

カイゼンは、規律と忍耐を通じて大きな成果を達成することを目的とした管理アプローチです。 段階的なプロセスの改善と長期的な戦略を通じて、ゆっくりと目標を達成することで、非技術的で多くの場合より安価なイノベーションへのアプローチが得られます。

このようにして、日本の製造業は 1960 年代から 70 年代にかけて製品の品質の大幅な向上とコストの削減を達成し、今井正明の名著につながりました。

主要なカイゼン原則

カイゼンの原則は、運動とそのさまざまなバリエーションが構築される基礎を形成します。 知っておく必要がある主要なものを以下に示します。

  • 継続的改善: カイゼンは、時間をかけて小規模ながら継続的な改善を行うことによって卓越性を追求することを重視します。 なぜなら、どのプロセスでも完璧を達成することは不可能ですが、何度も繰り返した後でも、努力の結果が現れ始めるような高いレベルの卓越性を達成することは可能だからです。 見ます 完全。 このプロセスには、継続的なレビュー、適応、標準化が含まれます。
  • 小さな段階的な変更: 大きな変化は大きな問題につながる可能性があります。必要な変化が大きければ大きいほど、より多くの感情的な問題、複雑さ、資本、そして抜本的な作戦が必要になる可能性があるからです。 一方、小さな変化は通常は大したことではありません。 しかし、それを何度も繰り返すと、カイゼンの魔法が起こります。
  • 従業員のエンパワーメント・現場: Kaizen は、タスクまたはプロセスに最も近い人だけが、改善すべき領域を特定するのに最適な立場にあることを理解しています。 たとえば、改善のためのフィードバックを最も適切に提供できるのは、企業のソフトウェア ツールを使用している人だけです。 会社の各チームメンバーや従業員にも同じことが言え、全員が会社の問題解決と意思決定に参加する必要があります。
  • データ主導の意思決定: Kaizen は、改善の意思決定を支援するために、実際のプロセス データの収集と分析を提唱しています。
  • 結果ではなくプロセス: カイゼンは、結果ではなくプロセスに焦点を当てるようにオペレーターに教えます。 たとえば、物理的な製品に欠陥があった場合、それはその製造プロセスに何らかの欠陥があったことを意味します。 これは、製造プロセスを研究し、必要な変更を加えることによってのみ欠陥を修正できることも意味します。
  • 品質重視: カイゼン システムは、組織の成果を生み出すプロセスに焦点を当てて改善することで、組織の成果の品質を向上させることにも焦点を当てています。
  • 標準化: プロセスを標準化することで、どの組織も差異を減らし、時間とコストを節約しながら、最終製品の全体的な品質を向上させることができます。 Kaizen は、企業の生産プロセスの標準化と反復を支援する PDCA/SDCA フレームワークを提供します。 業界によっては、標準化は、 標準取扱説明書 サービスワーカー向け、またはプロセスの各ステップの特定の測定を含むツール支援システムの作成など。
  • 無駄の排除: カイゼンは、無駄 (ムードラ) が効率と収益性を阻害すると教えています。 そのため、効率を高めるためにすべての業務から 7 つのムードラを排除することを推奨しています。 これらの無駄には、過剰生産、動作、在庫、欠陥、過剰加工、輸送、待機などが含まれます。 組織内のこれらの各生産要素を削減すればするほど、業務効率は高まります。
  • ひずみの除去:過負荷または負担(日本語では「ムリ」とも呼ばれます)も同様に、企業の生産高を低下させる可能性があります。 このような排除には、仕事に適したツールと能力の使用、資格のある専門家の雇用またはトレーニングなどが必要になります。
  • 次のプロセスは顧客です: この原則は、最高品質の追求と密接に関係しています。 製品を開発の最後に一度管理するのではなく、次の工程を顧客として扱い、節目ごとに製品の品質を管理します。 この原則は、以下を提供する必要がある先行する各プロセスに品質管理の義務を課します。 最高品質の製品 そのための お客さま (次の工程)に取り組みます。

カイゼンをビジネスに応用する

カイゼン原則をビジネスに適用するかどうかは、組織の種類と改善が必要なプロセスによって異なります。 したがって、あなたのビジネスは 1 人の組織、チーム、または大規模な組織である可能性がありますが、基本原則は同じであり、応用は次のとおりです。

  • カイゼン文化の醸成: 組織内にカイゼン文化を持つことは、継続的な改善の基礎を築くため、非常に重要です。 チーム全体を訓練する必要があります。 すべての従業員が参加し、寄付が小さすぎるということはないことを理解する必要があります。 リーダーは、チーム全体と定期的に会議を開催し、解決策を話し合って見つけることも約束する必要があります。
  • 最も関連性のある問題を特定する: 取り組んで改善しなければならない問題は常にあります。 カイゼンでは現場主義を提唱しています。 つまり、作業が行われる正確なステーションからの意見を収集することです。 データ分析、提案ボックス、顧客フィードバック、パフォーマンス指標、その他のソリューションを使用して、改善ソリューションを特定することもできます。 多くの問題がある場合は、次を使用してタスクに優先順位を付けることができます。 80/20分析 最良の結果を得るために。
  • カイゼンプロセスを実行する: Plan-Do-Check-Act / Standardize-Do-Check-Act の PDCA/SDCA は、組織内で必要な改善を行う主要なプロセス サイクルです。 SDCAは常に最初に行われるので、標準を作成でき、その後のサイクルはPDCAになります。 仕組みは次のとおりです
    1. 計画/標準化: ここで計画するとは、ビジネスのあらゆる分野で改善の目標を設定することを指します。 カイゼンの哲学では、常に改善の目標とそれを達成するための行動計画を立てることが求められます。 ただし、最初の実行時と、異常が発生するたびに、標準化が必要です。 標準化ステップでは、作業が完了するたびに従うべきルール、指標、または正確な手順を設定します。 そして、作業プロセスが安定して初めて、サイクルまたはイテレーションごとに改善計画を立てるようになります。
    2. Do: これは、上記のステップ 1) で設定された基準に従って作業を行うだけのプロセスです。
    3. チェック: プロセスをチェックして、実装が望ましい結果を達成したか、まだ順調に進んでいるかを判断します。
    4. 行為: 新しい手順を実行し、ビジネスでそのようなタスクを処理する標準的な方法としてそれを正規化することを指します。
  • すすぎ&繰り返し: カイゼンは継続的な改善と革新を意味するため、各サイクルの後も継続する必要があります。 あるいは、改善の取り組みを別のプロセスに集中させることもできます。 洗い流して繰り返すだけです。

カイゼンを日常生活に応用する

カイゼンの哲学を私生活にも同様に適用して、健康を維持し、より良い食事をし、勉強し、仕事をし、さまざまな目標を達成するなどの活動から結果を得ることができます。 ここでのコツは、最初は小さくて感情的に無関係な目標に焦点を当てることです。 ストレスを感じさせたり、不安を感じさせたりしないもの。

For instance, if you want to get fit by jogging, you may set a relatively simple goal of jogging on the spot for just 1 minute a day, and then grow from there. If you want to quit smoking, you can reduce a single stick from your cigarettes each week or month, until you quit. You can also dedicate just 5 minutes to thinking or working on a big or terrifying プロジェクト until it gets rolling.

目標は、小さなステップから始めて、時間の経過とともに小さな漸進的かつ継続的な変更を加えていくことです。 これが効果があるのは、人々が目標を達成するのを妨げる先延ばし、不安、その他の自己破壊的な行動を排除できるからです。

カイゼンフレーズとコンセプトのリスト

カイゼンの哲学は日本で生まれたため、常に使用されている日本語の用語がたくさんあります。 ここでは、主要なカイゼン用語とその意味の簡単なリストを示します。

5S: 正しい家事の5つ(XNUMXS)は以下の通りです。

  1. セイリ(ソート):物を分類し、必要なものを残し、不要なものを捨てます。
  2. 整頓(せいとん): 時間と労力を最小限に抑えるために、用途に応じてツールを整理します。
  3. せいそう(スクラブ):職場を掃除して清潔に保ちます。
  4. せいけつ(体系化): システムに従って、適切なツール、保護具、ギアを使用してください。
  5. しつけ(標準化): 自制心を保ちます。

変化する: ムダとは無駄を意味し、次の7つのムダまたは無駄があります。

  1. 過剰生産:必要以上に生産するのは無駄です。
  2. 棚卸: 在庫内に完成品または未完成の製品が大量に存在しても価値はありません。
  3. 欠陥: 不良品は一つ一つ資源の無駄です。
  4. モーション:製品に付加価値を与えない労力は無駄です。
  5. 過剰処理: 間違った最適化されていない処理アプローチは無駄になる可能性があります。
  6. 待っています: 暇なオペレーターはもったいないです。
  7. 輸送:製品を輸送すればするほど、より多くの廃棄物が発生します。

玄葉: 物事や仕事が起こる場所。 すべてのマネージャーには直接の経験が必要です。

ムリ: (過負荷) 大変な状況。 適切なトレーニングを最初に受けずに、新入社員にベテランの仕事を与えるようなものです。

村: (バリエーション) わずかな作業の違いや工程にかかる時間の違いにより、スムーズな作業の流れが止まってしまう場合に起こります。 標準化によってこれが解決されます。

自働化: オートメーション

カイゼンを活用する組織

あなたが知っている大小の組織の多くは、業務にカイゼン原則を採用しています。 トヨタからソニー、キヤノン、パナソニック、ホンダ、サムスン、ネスレ、ABB、フォード、ロッキード・マーティン、東芝、メイヨー・クリニック、ソシエテ・ジェネラル、ユニリーバ、チボ、キャドバリー・シュウェップス、そしてアラブ首長国連邦、モーリシャスなどの政府まで、あらゆる企業が含まれます。 、ケニア、インド。

もちろん、リストは続きます。

よくある質問

カイゼン方法論と継続的イノベーションに関連してよくある質問をいくつか紹介します。

カイゼンのメリットは何ですか?

カイゼンは、他の方法に比べて混乱が少なく、多くの場合、資本集約度が低い、実装が簡単な改善方法論です。

私のビジネスでもカイゼンは効果があるでしょうか?

間違いなく、そうです。 ビジネスが顧客に価値を生み出すプロセスに依存している限り、それにカイゼンをうまく導入できます。

カイゼンとリーンの違いは何ですか?

どちらも継続的な改善、無駄の排除、効率の向上に重点を置いている点で似ています。 しかし、カイゼンはより深く幅広い哲学であり、その上にリーンが構築されています。

カイゼンは他のイノベーション システムと並行して実施できますか?

はい、できます。

まとめ

カイゼンの原則と、それが継続的なイノベーションを通じてビジネスで卓越性を達成するのにどのように役立つかについてのこのクイックガイドをまとめると、いくつかの変更を実装する方法について、すでに XNUMX つか XNUMX つのアイデアが得られているはずです。

カイゼンは指針となる哲学であり、その方法は決まったものではありません。 しかし、その指針に従い、継続的な変革の旅に乗り出せば、必ず卓越性を達成できるでしょう。

ンナムディ・オケケ

ンナムディ・オケケ

Nnamdi Okekeは、さまざまな本を読むのが大好きなコンピューター愛好家です。 彼はWindows/MacよりもLinuxを好み、使用しています。
当初からのUbuntu。 ツイッターで彼を捕まえることができます ボンゴトラックス

記事:278

技術者のものを受け取る

技術トレンド、スタートアップトレンド、レビュー、オンライン収入、Webツール、およびマーケティングを月にXNUMX〜XNUMX回

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。 必須フィールドは、マークされています *