UbuntuにWordPressをインストールする方法

自分でUbuntuにWordPressをインストールしたいですか? あなたがDIYタイプの場合は、それがどのように行われるかを知るために読んでください。

WordPressの実用性により、WordPressはインターネットの最愛の人となり、世界中でホストされているすべてのWebサイトの30%以上を占め、さらにコンテンツ管理システムの中で60%の優位性を占めています。

使いやすいものとしてスタートしましたが ブログ プラットフォーム、 WordPress また、非常に多くの機能を含むように成長しました。 そしてこれはそれを多くのタイプのウェブサイトを構築するための素晴らしいツールにします。

多くのホスティングプロバイダーは、ワンクリックのWordPressインストールを提供しています。 しかし、あなたが自分で物事を行うのが好きなタイプである場合、または単により最新のインストールが必要な場合は、このガイドが役に立ちます。

前提条件:LAMPを更新またはアップグレードする

WordPressを実行するには、LAMP(Linux Apache MySQL PHP)スタックなどが必要です。 また、Linuxの要件を満たすUbuntuを入手しているため、WordPressを追加する前に、他のコンポーネントがインストールされ、準備ができていることも確認する必要があります。 WordPressはWindowsで実行できますが、Linuxで最適に動作することに注意してください。 また、ApacheをLightspeedなどの代替手段に置き換えることもできます。 ただし、このガイドはLAMPに焦点を当てています。

また、システムをアップグレードして、最新のパッケージのみを使用していることを確認することもできます。 たとえば、2021年5.6月の時点で、WordPressはバージョン7.4で利用可能であり、バージョン5.6以降のPHPと20.04以降のMySQLが必要です。 このガイドは、UbuntuXNUMXを実行していることを前提としています。

Ubuntuシステムをアップグレードするには、次のコマンドを入力します。

sudo apt update

sudo apt upgrade

グラフィカルインストールとコマンドラインインストール

LAMPおよびWordPressパッケージは、コマンドラインまたはUbuntuSoftwareCenterなどのグラフィカルツールを使用してインストールできます。 ただし、後者はUbuntuデスクトップ環境を実行している場合にのみ可能であることに注意してください。

このステップバイステップのチュートリアルは、グラフィカルユーザーインターフェイスのないサーバー環境にパッケージをインストールすることを前提としています。

デスクトップ環境の場合は、ターミナルを使用することもできます。 または、ソフトウェアセンターを使用して手順1〜3を完了し、手順4からインストールを続行することもできます。

リモートホストにログインするには、次のように入力します。

ssh user@hostname #ホストからの情報を使用する

log in to your remote host

UbuntuにWordPressをインストールする方法

次の手順に従って、UbuntuにWordPressをインストールします。

ステップ1.Apacheをインストールして構成する

HTTP(HyperText Transfer Protocol)サーバーがなければ、ワールドワイドウェブでは何も機能しません。 したがって、最初にサーバーが実行されているかどうかを確認する必要があります。 そうでない場合は、インストールします。 Apache2を使用します。

Apacheがインストールされているかどうかを確認するには、次のコマンドを実行します。

sudo systemctl status apache2

または、サーバーのIPアドレスをWebブラウザに入力します。 Apacheがローカルマシン上にある場合は、アドレスバーに127.0.0.1と入力します。 同様のページが表示されます。

Apacheがシステムにインストールされていない場合は、次のコマンドを使用してインストールします。

sudo apt update

sudo apt install apache2

次に、以下を使用して、UbuntuファイアウォールUFWで使用可能なアプリケーションを確認します。

sudo ufwアプリリスト

次のように出力されます。

利用可能なアプリケーション:

 アパッチ

 Apacheフル

 アパッチセキュア

 OpenSSHの

[Apache Full]を選択して完全なHTTPおよびHTTPSトラフィックを許可するか、[ApacheSecure]を選択してHTTPSのみを許可することができます。 例えば:

sudo ufw allow'Apache Secure'

Configure Apache

ステップ2.MySQLをインストールして構成する

Apacheをインストールして実行したら、次のステップはMySQLをインストールすることです。 これを行うには、次のように入力します。

sudo apt mysql-serverをインストールする

これにより、シェル環境のクライアントを含め、サーバーでデータベースを実行するために必要なすべてのものがインストールされます。 ルート(管理者)パスワードの入力を求められますが、構成中に入力するか、後で使用するために空白のままにすることができます。

インストール後、次のコマンドを使用してインストールを保護します。

mysql_secure_installation

すべての提案に「はい」と答えるのが最善です。 次に、シェルクライアントを使用してログインし、WordPressのデータベースとユーザーアカウントを作成します。 これがあなたのやり方です。

mysql -u root -p#次にパスワードを入力します

mysql> CREATE DATABASE wpsite;

mysql> CREATE USER'wpuser' @'localhost' INDENTIFIED BY'password';

mysql> GRANT ALLONwpsite。*TO'wpuser'@'localhost';

mysql> FLUSH PRIVILEGES;

mysql> EXIT;

Configure MySQL

ステップ3.PHPをインストールして構成する

今こそ、LAMPセットアップのPHP部分をインストールするときです。 これも簡単です。次のように入力してください。

sudo apt install php php-mysql

または、次のように入力して、WordPressを実行するための一般的な拡張機能をすべて備えたPHPをインストールすることを選択できます。

sudo apt install php php-mysql php-gd php-mbstring php-curl php-intl php-zip php-xml php-xmlrpc php-soap

最後に、nanoまたはお気に入りのエディターを使用して、Apache Webルートにindex.phpファイルを作成し、保存します。 次のような単純なPHPスクリプトを含めることができます。

<?php

最初のほう();

?>

ナノ /var/www/html/index.php

次に、ブラウザでApacheサーバーにアクセスして、PHPが次の場所で機能していることを確認します。

ウェブサイト-ip-address/info.php

ローカルマシンを使用している場合は、次のサイトにアクセスできます。

localhost/index.phpまたは

127.0.0.1 / index.php

Configure PHP

Apache HTTPサーバーは、*。phpファイルの前に*.htmlファイルを最初に提供するように構成されていることに注意してください。 また、「html」フォルダに両方のファイルタイプがあるため、WebサイトのIPアドレスを入力するだけで、ApacheHTMLのウェルカムページが表示されます。

デフォルトでPHPを提供するには、いくつかの構成ファイルを更新してApacheを再起動する必要があります。

sudo nano /etc/apache2/mods-enabled/dir.conf

DirectoryIndex インデックス.html インデックス.cgi インデックス.pl インデックス.php インデックス.xhtml インデックス.htm

ファイルは上記のようになります。 index.htmlをindex.phpと交換して保存するだけです。 次に、Apacheを再起動して、変更を有効にします。

sudo systemctl restart apache2

website-ip-address、またはlocalhost / 127.0.0.1のみを入力すると、デフォルトでindex.phpが提供されるようになります。

ステップ4.WordPressをインストールして構成する

今こそ、WordPressをダウンロードしてインストールするときです。 次のコマンドでこれを行います。

cd / tmp#一時ディレクトリに切り替えます

wget -c http://wordpress.org/latest.tar.gz#ファイルをダウンロード

tar -xzvf 最新.tar.gz #抽出

sudo cp -R wordpress /var/www/html/wordpress #htmlフォルダへ移動

sudo chown -R www-data:www-data /var/www/html/wordpress # 所有者を設定 (Apache グループ)

sudo chmod -R 775 /var/www/html/wordpress #実行権限を設定する

ステップ5.さらに微調整

これまで、私たちはあなたのwebsite-ip-addressのみを使用してきました。 ドメイン名で動作するようにWordPressインストールを構成するには、次の手順を実行します。

sudo nano /etc/apache2/sites-available/mysite.com.conf

mysite.comを自分のドメインに変更するだけで、次のようになります。

サーバー名 mysite.com

DocumentRoot / var / www / html / wordpress

ErrorLog $ {APACHE_LOG_DIR} /error.log

CustomLog $ {APACHE_LOG_DIR} /access.log combined

           

            AllowOverrideのすべて

           

次に、以下を使用してApacheの書き換えモジュールを有効にします。

sudo a2enmod書き換え

これらの手順により、次のような派手で人間が読める形式のURLが提供されます。

mysite.com/my-first-wordpress-post-url

セットアップを完了するには、次を実行します。

sudo apache2ctl configtest#すべてが正常であることを確認します

sudo a2ensite mysite.com.conf#新しいドメイン構成を追加

sudo systemctl reloadapache2#サーバーを再起動します

ステップ6.実行してテストする

WordPressのセットアップは完了しましたが、それでも最終インストールを実行する必要があります。 これを行うには、ブラウザーでWordPressフォルダーに移動し、次の手順に従います。

website-ip-address/wordpressまたは

mysite.com(仮想ホストを設定した場合)

ユーザーアカウントを作成し、前に作成したMySQLデータベースの詳細を入力する必要があります。 最後に、インストールボタンを押すだけです。

まとめ

ここまで来たらおめでとうございます。 WordPressを手動でインストールすることは、これらの単純なワンクリックオプションほど簡単ではありませんが、非常に満足のいくものです。 また、必要に応じてサーバーをカスタマイズすることもできます。

これはほんの始まりに過ぎないことを覚えておいてください。 今後、さまざまなWordPressプラグインまたはPHP拡張機能が必要になる場合があり、サーバーで追加の作業を行う必要がある場合があります。

Nnamdi Okeke

ンナムディ・オケケ

Nnamdi Okekeは、さまざまな本を読むのが大好きなコンピューター愛好家です。 彼はWindows/MacよりもLinuxを好み、使用しています。
当初からのUbuntu。 ツイッターで彼を捕まえることができます ボンゴトラックス

記事:278

技術者のものを受け取る

技術トレンド、スタートアップトレンド、レビュー、オンライン収入、Webツール、およびマーケティングを月にXNUMX〜XNUMX回

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。 必須フィールドは、マークされています *