拡張現実: 知っておくべき重要な詳細

拡張現実 (XR) とは何なのか、またそれが仮想現実、拡張現実、複合現実とどのように関連しているのか疑問に思いませんか? それでは続きを読んでください。

拡張現実 (XR) は、仮想現実 (VR)、拡張現実 (AR)、および複合現実 (MR) のさまざまな類似テクノロジーを説明するために使用される包括的な用語です。

これらの拡張現実テクノロジーは、物理世界と仮想世界を統合して、ユーザーに新しい体験とインタラクションを備えた新しい環境を作成します。 それはある意味、物理世界の拡張であるため、「拡張現実」という用語が付けられています。

この投稿では、ビジネスや娯楽における拡張現実の利点と応用について考察します。 さまざまな業界に対するテクノロジーの将来的な影響も同様です。

拡張現実のトレンド

拡張現実は、類似のテクノロジーを組み合わせたものです。 仮想現実, 拡張現実感, 複合現実 参照しやすいように 3 つの用語にまとめます。 XNUMXつのテクノロジーすべてによるアプローチ 空間コンピューティング さまざまな角度からユーザーに最高の価値を提供することを目指します。

拡張現実市場は、34.94 年の 105.58 億 2023 万ドルから 472 年までに 2028 億ドルへと XNUMX% の CAGR (年間複利成長率) で成長すると予想されています。この市場成長の主な原動力には、VR および AR テクノロジーの採用の増加が含まれます。より多くの市場参加者による接続デバイスやスマートフォンの使用が増加しているためです。

さまざまなタイプの XR

3 つの似ているが異なるテクノロジーを組み合わせて、拡張現実を構成します。 それぞれに長所と短所があり、特定の状況に多かれ少なかれ理想的になります。 ここでは、これら XNUMX つの拡張現実タイプを詳しく見ていきます。

  1. バーチャルリアリティ(VR): 仮想現実テクノロジーは、完全に仮想的で没入型の環境をユーザーに提供します。 したがって、ユーザーは VR ヘッドセットを装着した瞬間に、別の現実に転送されます。 仮想現実は、ユーザーを周囲の物理世界から完全に切り離します。 これらは、シミュレーション、トレーニング、ゲーム、エンターテイメントに使用されます。
  2. 拡張現実(AR): 拡張現実では、仮想コンテンツを使用して現実世界を改善します。 したがって、AR ユーザーは基本的に自分の物理環境を見ますが、一部の領域または物理オブジェクトにはデジタル情報が重ねられています。 拡張現実は、ヘッドセット、携帯電話、タブレットで利用できます。 ナビゲーション、ゲーム、さまざまな種類の情報表示プロジェクトに使用されます。
  3. 複合現実(MR): 複合現実は、仮想現実と拡張現実の要素を組み合わせた、より高度なテクノロジーです。 ユーザーの現実要素と仮想要素を結合して、仮想オブジェクトが物理環境と対話して応答できるハイブリッド環境を作成します。 MR は、設計の視覚化、共同作業、トレーニング プロジェクト、その他の複雑なシミュレーションに使用されます。

エクステンデットリアリティのメリット

拡張現実は、さまざまな業界やアプリケーションにわたって多くの利点をもたらします。 ここでは主なものをいくつか紹介します。

  • ユーザーエンゲージメントの強化: 拡張現実が提供する没入型エクスペリエンスにより、ユーザーは環境の一部であると感じることができ、それによってあらゆるレベルでシステムとのインタラクションが強化されます。
  • 強化された学習 – 拡張現実の没入型体験はユーザーの学習能力も高め、教育、医療訓練プロジェクト、職業訓練、危険な状況のシミュレーションでの使用につながります。
  • 低コスト: シナリオを仮想的にシミュレートできる機能は、組織が製品のプロトタイプを物理的に構築したり、従業員がトレーニングのためにある場所から別の場所に移動したりするコストを節約するのに役立ちます。
  • 抗恐怖症療法: XR システムは、恐怖症患者が、恐れているものに対して物理的に危険にさらされることなく、恐怖に挑戦するのに役立ちます。
  • 改良されたデザイン: デザイナーや建築家は、3D 現実でデザインをより適切に視覚化し、改善を加えて作品の価値を高めることができます。
  • 新しいイノベーション: 開発者は、拡張現実とその新興テクノロジーによってもたらされる新しい機会を利用して、ユーザーの生活に価値を加えるサービスや製品を開発し、おそらく新しい事業を開始することができます。
  • リアルタイムデータオーバーレイ: 関連情報を物理的なオブジェクトにオーバーレイする機能により、観光からゲーム、ショッピングなどに至るまで、個別の用途に多くの扉が開かれます。

エクステンデットリアリティの課題

ほとんどのテクノロジーとその開発から予想されるように、拡張現実には、さまざまなアプリケーションにとってその魅力を低下させる課題が伴います。 主な課題は次のとおりです。

  • ハードウェアコスト: 高品質の XR ハードウェアは比較的高価になる場合があります。 したがって、優れたコンピューターは数百ドルで入手できますが、優れた XR ハードウェアは数千ドルかかります。 しかし、量産すれば将来的にはもっと安くなるかもしれません。
  • 設計上の課題: ほとんどのコンピューターの標準ディスプレイとは異なり、拡張現実での表示の可能性はほぼ無限にあり、これがそれ自体の問題を引き起こします。 各開発者や企業は独自のデザインと表示アプローチを考案しているため、業界標準が進化するまでにはまだ時間がかかる可能性があります。
  • 位置情報のプライバシー: 多くの拡張現実アプリケーションはユーザーの位置情報に依存して機能するため、位置プライバシーは設計上の問題となり、悪意のある者が悪用する可能性があります。
  • 帯域幅: アプリケーションの種類によっては、拡張現実は 3D 環境を作成および再作成するために大量のデータが必要となるため、帯域幅を大量に消費する可能性があります。
  • 倫理的懸念: 依存症やユーザーを操作したり誤った情報を与えたりする可能性などの問題は、拡張現実に関連する倫理的な懸念事項の一部です。

拡張現実の応用

拡張現実テクノロジーは、現実世界と仮想世界の両方とそのオブジェクトの機能を活用して、人間の相互作用や仕事の新たな機会を生み出すことで、多くの業界で応用されています。

  • ゲームとエンターテイメント: 仮想現実と拡張現実テクノロジーは、ゲームに膨大なオプションを提供します。 Pokémon GO のような位置ベースのゲームによる拡張現実世界体験から、Half-Life のような完全な仮想現実ゲームまで。
  • 教育&トレーニング: 拡張現実では、インタラクティブなシミュレーション、トレーニング シナリオ、仮想野外旅行など、多くの教育とトレーニングのオプションも提供されます。 これにより、たとえば産業労働者は、安全な環境で複雑な作業や危険な作業を学び、実践することができます。 安全に手術を行うことができる医学生や、最新の兵器技術を扱う訓練ができる軍人も同様です。
  • ヘルスケア: 拡張現実アプリケーションは、患者の教育とリハビリテーションだけでなく、医療専門家のトレーニングにも役立ちます。
  • アーキテクチャ: 建築家、インテリア デザイナー、都市計画者は、物理的な建設が始まる前にクライアントが仮想ウォークスルーを体験できる、プロジェクトの没入型エクスペリエンスを作成できます。
  • 設計工学: プロトタイピングからトレーニング セッションに至るまで、XR システムはメーカーの製品の設計とエンジニアリングを同様に支援します。
  • 小売&Eコマース: ショッピング システムは、さまざまな拡張現実アプリケーションによって同様に改善できます。 実店舗の商品に AR 情報をオーバーレイしたものから、仮想試着、AR を使用した店舗ナビゲーション、購入希望者の視覚化を支援する家具の配置、インタラクティブなカタログやパッケージ、その他の拡張現実体験まで、顧客体験と売上の向上に役立ちます。

拡張現実アクセサリ

さまざまなセンサーやデバイスによってシステムの没入感、インタラクション、機能性が向上するため、拡張現実体験の品質は使用中のアクセサリによって決まります。 ここでは、主要な拡張現実アクセサリの一部を紹介します。

  • ヘッドギア: これらには、ディスプレイ、スピーカー、モーション、および頭に装着するその他の付属品が含まれます。 ほとんどの XR ヘッドギアはユニークで、他のヘッドギアとは簡単に識別できます。
  • 触覚フィードバック: ユーザーが自分の体で仮想オブジェクトを感じることができるボディスーツやその他のデバイス。
  • VR コントローラー: ユーザーが周囲の仮想現実空間を移動できるようにするデバイス。 これにはハンドヘルド デバイスが含まれることが多いですが、ヘッドギアに統合することもできます。
  • 移動装置: 一部の XR システムでは、ユーザーが頻繁に動き回ることがあり、そのような物理的な移動を容易にするトレッドミルなどの特殊なプラットフォームが付属している場合があります。
  • エイムコントローラー: シューティング ゲームには、より現実的な照準と射撃体験を生み出すために物理的な銃デバイスが含まれることがよくあります。
  • ハンドトラッキング: ハンド トラッキングを使用すると、コンピューターと環境全体を制御する方法として、システムがユーザーの手のジェスチャーを追跡し、理解することが容易になります。 ハンドトラッキングにより、物理コントローラーが不要になります。
  • アイトラッキング: 拡張現実システムは、ユーザーの目を追跡して、ユーザーが見ている方向に高品質のグラフィックスをレンダリングすることもできます。 これによりエクスペリエンスが向上します。
  • ボディトラッキング: 身体追跡システムはユーザーの身体の動きを追跡し、より優れた仮想表現を提供します。
  • 外部追跡: これらは、部屋の任意のエリアに設置される追加のセンサーであり、ユーザーの動きをより正確に捕捉できます。

拡張現実に関するよくある質問

拡張現実に関してよくある質問をいくつか紹介します。

Q: XR、VR、AR、MR の違いは何ですか?

A: VR または仮想現実は完全に仮想的な没入型環境を作成します。一方、AR または拡張現実は現実世界のデジタル オブジェクトと情報をオーバーレイします。MR または複合現実は VR と AR の要素を組み合わせて、仮想オブジェクトが現実世界と相互作用できるようにします。 。 XR または拡張現実は、それらすべてを総称した用語です。

Q: XR には特殊なハードウェアが必要ですか?

A: はい、いいえです。 ほとんどの XR アプリケーションには、専用のヘッドセットやその他のアクセサリが必要です。 しかし、スマートフォンだけでも XR を体験することは可能です。

Q: 拡張現実には将来のビジネスチャンスはありますか?

A: はい、リモート コラボレーション、ゲーム、製品開発を除けば、このテクノロジーを中心にさらなるイノベーションが起こる可能性がまだあります。

Q: 拡張現実は安全ですか?

A: 拡張現実は通常、平均的なユーザーにとって安全です。 ただし、長時間使用すると乗り物酔いやそれに関連する症状が発生する可能性があります。

Q: 拡張現実が重要なのはなぜですか?

A: それは、人間とコンピューターの相互作用の研究開発に新たな領域を開くからです。

まとめ

拡張現実とその関連テクノロジーに関するこのブログをまとめると、拡張現実、仮想現実、複合現実がどのように新しい市場と機会を生み出しているかがわかりました。

将来と物事がどのように展開するかはまだ推測の域を出ませんが、デジタル要素で物理的現実を強化し、生産性とエンターテインメントを向上させる拡張現実を作成することのメリットはすでに圧倒的です。

ンナムディ・オケケ

ンナムディ・オケケ

Nnamdi Okekeは、さまざまな本を読むのが大好きなコンピューター愛好家です。 彼はWindows/MacよりもLinuxを好み、使用しています。
当初からのUbuntu。 ツイッターで彼を捕まえることができます ボンゴトラックス

記事:278

技術者のものを受け取る

技術トレンド、スタートアップトレンド、レビュー、オンライン収入、Webツール、およびマーケティングを月にXNUMX〜XNUMX回

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。 必須フィールドは、マークされています *