WordPressでDNSプリフェッチを設定する方法

DNSプリフェッチにより、WordPressサイトの読み込みが速くなります。 Google Analytics、Googleフォントなどの外部リソースに依存しているサイトの場合、最大500ミリ秒節約できます。

DNSプリフェッチとして一般に知られているドメインネームシステムプリフェッチは、ユーザーがドメイン名を要求する前にドメイン名を解決するプロセスです。 これは主に、Webサイトの読み込みを高速化し、全体的なパフォーマンスを向上させるために使用されます。

WordPressのDNSprefecthingは、Googleフォント、Googleアナリティクス、Font Awesomeなどの定期的に要求されるリソースを事前に設定することで、Webサイトの読み込みを高速化する一般的な方法です。

この投稿では、プラグインを使用して、または手動でWordPressにDNSプリフェッチを追加する方法を学習します。 これは作るのを助けることができます WordPressサイトの読み込みが速い.

DNSプリフェッチはどのように機能しますか?

DNSプリフェッチはバックグラウンドで機能します。 多くのドメインからリソースをロードしている場合。 ブラウザがDNSルックアップを実行するのに約100ミリ秒かかるため、これは通常、Webサイトのロード時間に影響します。

つまり、リソースを読み込んでいるドメインが最大5つある場合、ブラウザは検索に最大500ミリ秒かかる可能性があります。

ただし、DNSプリフェッチが行うことは、ユーザーがそれをトリガーするリンクをクリックする前に、依存しているドメインをバックグラウンドでロードすることです。

これは、ユーザーがクリックするまでにリソースの準備が整い、ページがすぐに読み込まれることを意味します。

DNS prefetching browser

依存する外部リソースがたくさんある場合は、 DNSプリフェッチ ロード時間を改善できます。 GoogleフォントやGoogleAnalyticsなどを使用する一般的なWordPressサイトの場合、DNSプリフェッチにより最大500ミリ秒の読み込み時間を節約できます。

DNSプリフェッチを使用する対象

サイトの読み込みを高速化するためにプリフェッチできるリソースはたくさんあります。 それらが含まれます:

  • Googleのフォント
  • Google Analytics
  • CDN URL
  • グーグルタグマネージャー
  • 恐ろしいフォント
  • グーグルマップ
  • そして外部リソース

WordPressでDNSプリフェッチを設定する方法

WordPressでDNSプリフェッチを有効にするには、次の手順に従います。

1.DNSプリフェッチプラグインをインストールします

WordPressでDNSプリフェッチを実装する最も簡単な方法は、プラグインを使用することです。 これにより、テーマファイルを編集する必要がなくなります。

これを処理するのに最適なプラグインは Perfmatters。 これは、WordPressWebサイトを高速化するための多くのすばらしい機能を備えたプレミアムプラグインです。 別の選択肢はWPロケットです。

Perfmattersの場合、次のことを行う必要があります 彼らのサイトからプラグインをダウンロードする。 WordPressダッシュボードにインストールしてアクティブ化します。

プラグインを使用せずに手動で使用する場合は、ポイント4に直接ジャンプします。

2.プリフェッチするドメインを追加します

Perfmattersプラグインをインストールしてアクティブ化した後。 プラグイン設定に移動し、追加のタップをクリックします。 そこで、プリフェッチするドメインを追加できます。

以下のパターンに従って、XNUMX行にXNUMXつのドメインのみを追加する必要があります。

//fonts.googleapis.com //www.google-analytics.com //cdnjs.cloudflare.com //www.googletagmanager.com
DNS prefetch perfmatters

WP Rocketの場合は、[プリロード]タブに移動し、[DNS要求のプリフェッチ]まで下にスクロールします。 ここで、上記と同じパターンをプリフェッチするURLを入力できます。

3.変更を保存します。

必ず変更を保存してください。 以上です。

4.WordPressにDNSプリフェッチを手動で追加します。

プラグインなしでWordPressにDNSプリフェッチを手動で追加したい場合は、テーマを編集する必要があります のfunctions.php.

以下のコードをfunctions.phpに追加するだけです。 以下の例では、ガイドとしてGoogle Analytics、Google Tag Manager、およびGoogleフォントを追加しました。 編集したり、追加したりすることもできます。

//* DNS Prefetching
function dns_prefetch() {
    echo '<meta http-equiv="x-dns-prefetch-control" content="on">
<link rel="dns-prefetch" href="https://www.google-analytics.com" />
<link rel="dns-prefetch" href="https://www.googletagmanager.com" />
<link rel="dns-prefetch" href="https://fonts.googleapis.com" />
}
add_action('wp_head', 'dns_prefetch', 0);

次のような新しい行を追加するだけです。

<link rel="dns-prefetch" href="https://DOMAIN.com" />

まとめ

DNSプリフェッチは、Webサイト、特にモバイルバージョンを高速化できます。 特に多くの外部リソースに依存している場合は、違いに気付くはずです。

これはあなたのサイトをスピードアップすることができますが、あなたが使用するWordPressホスティングとテーマはあなたのサイトがどれだけ速いかという最も重要な要素であることを覚えておいてください。 私はお勧め 曇り WordPressホスティングの場合、あなたは私のを見ることができます Cloudwaysレビュー 理由で。 Cloudwaysがあなたにとって多すぎる場合は Hostinger および お申し込み 小さなウェブサイトでうまく機能します。

私もお勧めします GeneratePress テーマのためにそしてあなたは私のを見ることができます GeneratePressレビュー 理由で

Mfon Abel Ekene

ムフォン・アベル・エケネ

役立つコンテンツを作るのが楽しいです。 私の情熱は、インターネット人口が正しい方向に向けることによって、彼らが必要とするものを見つけるのを助けることです。 それは私が行うのが大好きなことであり、TargetTrendのコンテンツを通じてそれを確実に実行するために、何時間もの調査とテストを行いました。

記事:48

技術者のものを受け取る

技術トレンド、スタートアップトレンド、レビュー、オンライン収入、Webツール、およびマーケティングを月にXNUMX〜XNUMX回

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。 必須フィールドは、マークされています *